ミニマリスト

本を手放して見えてくる自分について

本は意識していないとすぐたまってしまうものです。時々整理していますが、もっと減らそうと思い、なぜその本を持っているのか自分に問いながら本と向き合うことが、自分と向き合うことに繋がっていきました。本を減らすことで、以前よりありのままの自分を受け入れられるようになりました。
ライフスタイル

着物を着るということ

遠く憧れの存在だった着物。少しづつ努力を重ねていつの間にか着物を着る機会が増えてきた。着物を着ることは、日常とは違う特別感があり、身も心も引き締まり、感性もくすぐられ、気分が上がる。着物を着ることで、あこがれる雰囲気や所作を身につける手段にもなっています
茶道

朝に抹茶を点てて飲む習慣を続けています

朝に抹茶を点てて飲む朝抹茶を続けています。日常の中で抹茶を点てて飲む時間は、心を落ち着かせ五感を使うマインドフルネスな時間。そして、抹茶には健康にいい効能がたくさんあります。 茶筅を用意すれば、あとは身近にある道具で抹茶を点てることができるので、気軽にやってみることをお勧めします。
茶道

茶道に支えられてきた日々

茶道を習い始めてから9年。続けようという強い意志があった若ではないのに、忙しくても毎月ほとんど休むことなく通い続けてきました。そして、いつの間にか茶道が自分の人生に静かに寄り添い支えてくれるものになっていました。
健康

湯たんぽで快眠

冷え取り生活の中で、ずっと続けているのが、寝るときに足元に入れる湯たんぽです。 夏以外はずっと使っています。湯たんぽのおかげで、すぐに眠りにつくことができて、私にはなくてはならないアイテムです。おすすめは陶器の湯たんぽです。
健康

冷えは万病のもと。私の冷え取り生活遍歴(靴下の重ね履きについて)

7年前から、実践している冷え取り健康法をご紹介します。足元を温めるということが、心地よく、心と体が安定する感覚がありました。その中でも、靴下の重ね履きは、年中してて、自分には自分にはなくてはならないものでしたが、いつの間にか手放していました。その時の自分に合った冷え取り生活を続けていきたいです。
ライフスタイル

花のある生活空間

日常の生活空間に花を生けることで、自然のエネルギーや季節を感じたりでき、心に潤いができる。特別な花じゃなくていい。身近に咲いている小さな花一輪でも、その花の存在感を活かすように生けることが、花と向き合い自分と向き合うことになり、まさにマインドフルネスな時間。
ミニマリスト

ミニマリストという生き方と出会うまで(実は昔ミニマリストを実践していた)

現在のミニマリストを意識した生活を送るようになった始まりは、10年前に出会った断捨離です。それまでは、一部屋が物置になってしまうのは仕方がないとさえ思っていた。でも、断捨離から始まりミニマリストに出会い、物を手放す中で自分が抱えて込んでいたのは物だけではなかったことに気付く。
ミニマリスト

ミニマリストを意識した生活に変えたメリット

今から10年くらい前に、断捨離を始めて、物を減らすことを意識して生活。そんな時に、ものと自分と向き合いながら生活の価値観を変化させていくミニマリストというライフスタイルを知り、自分なりに実践するようになる。そんな生活で感じた、メリットをご紹介。
タイトルとURLをコピーしました